スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年10月06日

バッファロー五郎おめでとう

コントNO・1を決める「オロナミンC キングオブコント2008」の決勝ラウンドが昨日、都内で行われ、バッファロー吾郎が優勝した。


今年始まった“コント日本一”決定戦「キングオブコント2008」で、10月5日夜にTBS系で生放送(司会はダウンタウン)された。


 参加総数は2146組。1、2回戦、準決勝を勝ち上がった8組による決勝は、A、B組に分かれ、各組1位が最終決戦に臨む。A組はバッファロー吾郎、TKO、ザ・ギース、天竺鼠。B組はバナナマン、チョコレートプラネット、ロバート、2700。


漫才のM-1グランプリのような結成10年以内という出場制限がないため、瞬発力の若手より、じっくりネタを練り上げれる、実力あるベテラン勢が優位で、最終決戦は関東のバナナマン対関西のバッファロー吾郎という対決だった。
バッファロー吾郎は8組中最古参、89年の結成。一方、バナナマンは1994年結成。“コント師”の異名を持ち、型にはまらず、日常の何げない場面を抜群のセンスと演技で笑いにする。 


優勝賞金は1000万円 本当におめでとう!


  


Posted by やかん at 15:05Comments(0)笑い